2020年にBluehost HostingにWordPressをインストールする方法–完全なチュートリアル

, , Leave a comment

WordPressでブログを作成しませんか?

これは、ブログを始めるのに役立つ完全な初心者向けガイドであり、WordPressの使用方法も学ぶために下部のセクションを確認してください。

これらの情報はすべて無料で、自由に行動を起こして何か新しいものを構築し始めることができます。

このガイドは、初心者がBluehostホスティングにWordPressをインストールする方法を学ぶためのものです。 WordPressを使用してブログを作成するのに役立つ正確な手順を共有しました。

私は自分のサイトとクライアントサイトにBluehostを使用しましたが、私がそれらについて気に入っているのは、それらが自分自身を売りすぎないことです。

それらはシンプルで、WordPressの管理を容易にするために新しいものを革新しており、最高の1つです。

あなたの多くは、BluehostがWordPressによって公式に推奨されているホストの1つであることを知らないかもしれません。

Bluehostについて私が気に入っている点の1つは、WordPressの実行時に最適なパフォーマンスが得られるようにサーバーをスケーリングしていることです。

無制限の帯域幅、無制限のストレージ、プレミアムサポート、そして成功するWordPressブログを実行するために必要なすべてのものを提供します。最近BluehostはWordPressの管理に関していくつかの大きな改善を行いました。これには無料のSSLを使用できること、WordPressが自動インストールされ、サーバーでのWordPressのセキュリティが強化されます。

BluehostでWordPressブログを作成するための完全なガイド
セルフホスト型のWordPressプラットフォームは、ブログを始めて収益を上げるのに最適なプラットフォームの1つです。

新しいブログを開始する方法についての完全なガイドを既に共有しているので、そのガイドを参照して始めることができます。

では、なぜBluehostなのでしょうか。

Bluehostは、Fantasticoに付属する標準のcPanelホスティングを提供します。 Fantasticoは、WordPressをインストールする最も簡単な方法の1つです。または、WordPressの手動インストール方法を使用できます。ただし、Fantasticoは本当に簡単で効果的であるため、使用をお勧めします。

それでもBluehostがあなたに適しているかどうかを判断するのに苦労している場合、私はそれを選ぶことをお勧めします。 WordPressウェブホストが特定の技術要件を満たし、Bluehostがこれらのニーズを完全に満たすことが重要です。低中交通量のサイトを簡単に処理できます。つまり、共有/ VPSホスティングを使用している場合は、WordPressキャッシュプラグインを使用することを常にお勧めします。

すでにBluehostアカウントを持っている場合(持っていない場合は、ここで取得してください)、このチュートリアルを進める準備ができています。

BluehostはWebホスティングを完全に刷新し、WordPress指向にしました。ブログを手動で作成する必要があった昔とは異なり、最近のBluehostはWordPressを自動的にインストールしてセットアップします。上記のガイドに従い、Bluehostからホスティング+無料のドメイン名を購入しただけで、WordPressのインストールが自動的に開始されます。

これには5〜50分かかります。このような画面が表示された場合

行き詰まったら、Bluehostダッシュボードにログインします。 2019年の新しいBluehostダッシュボードは次のようになります。

[WordPressにログイン]をクリックして、WordPressブログダッシュボード内に自動的にログインします。

プロセス全体を理解するのに役立つビデオをいくつか作成しています。今のところ、これはBluehostホスティングでWordPressを使い始めるのに役立ちます。

BluehostにWordPressを手動でインストールする:
何らかの理由で、既存のWordPressインストールを削除したか、新しいドメイン(アドオンドメイン)にWordPressをインストールしたい場合は、前述の手順に従ってください。

Bluehost Hosting Dashboardにログインします
マーケットプレイスをクリックします

[ウェブサイトを追加]をクリックします
詳細を入力してください

次をクリックして、WordPressをインストールするドメインを選択します。

次をクリックすると、WordPressが選択したドメインに5分以内にインストールされます。

それでおしまい!

BluehostでWordPressブログを作成(無料のドメイン名を含む)

以下は、BluehostにWordPressをインストールする正確なプロセスを示すビデオチュートリアルです。

WordPressをBluehostにインストールした後にすべきこと:
WordPressが(任意のホストに)インストールされると、常に実行する必要があるいくつかのことが存在します。

これで、シリーズの次のレッスンに進みます。

パート4:WordPressのインストール後に行うべき重要なこと

プロセスのどこかで行き詰まった場合はお知らせください。 Bluehostについてどう思うか教えてください。以下のコメントであなたの考えや経験を共有してください!

次のセクションでは、WordPressを手動でインストールする方法を学びます。これは、特定のシナリオで、特定のホスティングでのみ必要になる場合があります。どちらの方法でも、自動インストールが失敗し、自動ソフトウェアなしでWordPressをインストールしたい場合に知っておくと便利です。

WordPressを手動でインストールする方法
プロセスを開始する前に、いくつかの便利なものが必要です。だから、ここにあなたが準備すべきもののリストがあります。

WordPressソフトウェア:公式ダウンロードページからWordPressの最新バージョンをダウンロードしてください。
ホスティングアカウントのFTPアクセス
データベースとDBユーザーとパスワードを作成するためのcPanelアクセス。
だから、あなたはすべての準備が整っており、WordPressもダウンロードしていると思います。
データベースとデータベースユーザーの作成:

技術者以外のユーザーにとっては、このステップはほとんど混乱しない唯一のステップです。したがって、ステップバイステップガイドとスクリーンショットに従って、最初のDBを作成し、ユーザー名とパスワードを関連付けます。

これは1つの設定で、このWordPress手動インストールチュートリアルの後半でWp-configで変更する必要があります。

Cretae MySQLデータベースウィザード
ほとんどの場合、cPanelを使用したホスティングはすべて、MySQLデータベースウィザードを提供します。 cPanelにログインし、データベースの下のMySQLデータベースウィザードをクリックして、データベースを作成します。

データベースを作成
WordPressインストール用のデータベースの作成
次のステップを作成し、新しく作成したデータベースにユーザー名とパスワードを与えます。私の提案では、そこにパスワードジェネレータを使用して、強力で複雑なパスワードを作成します。

MYSQLデータベースウィザード
WPデータベースのユーザーとパス
[ユーザーの作成]をクリックしたら、次のステップはユーザーに特権を与えることです。次のページで、新しく作成したユーザーに対するすべての権限をクリックし、次のステップをクリックします。

新規ユーザーMYSQLへの特権
データベースユーザーへの権限の付与
以上で、新しいWordPressインストール用のデータベースとユーザー名が作成されました。

次のステップで必要になるので、メモ帳にDB名、DBユーザー名、DBパスワードをすべて書き留めておいてください。

完全なWordPress手動インストールチュートリアル:
だから、私たちは皆、前進する準備ができていると思います。ここから、WordPressの手動インストールを進めるために2〜3つの異なる手順を実行できます。

以下に示すように、.zipファイルを直接抽出してwp-configファイルを編集し、完全なWordPressフォルダーをドメインのルート(Public_html)にアップロードするか、cPanelファイルマネージャーを使用してwp-configファイルのコンテンツを抽出および編集できます。 。

とにかく、ここで必要な唯一の手順は、wp-configコンテンツを変更して、FTPの正しいフォルダーにアップロードすることです。それには、FileZillaなどの無料のFTPクライアントを使用できます。

ただし、このチュートリアルをシンプルにするために、WebホスティングcPanelを使用します。

WordPressをcPanelにアップロード:
次に、cPanelの下で、ファイルマネージャーに移動し、ダウンロードしたWordPress zipファイルをアップロードします。 WordPress.zipファイルをアップロードしたら、[展開]をクリックしてすべてをpublic_htmlディレクトリに抽出します。 (注:cPanelに最初にWordPressをインストールする必要があります)。

アドオンドメインの場合は、ドメインにアドオンするように指定したディレクトリにファイルを抽出します。通常はpublic_html / addon-domain名。

この手順を簡単にするために、public_htmlディレクトリの下にすべてを抽出します。

cPanelホスティングの下で​​、[ファイル]> [ファイルマネージャ]に移動し、public_htmlディレクトリを参照して、WordPress.zipファイルをアップロードできます。

WordPressの抽出
通常、ファイルエクストラクターは「WordPress」という名前のディレクトリを作成し、その下のすべてのファイルを抽出します。

(www.domain.com/WordPress)ではなく、メインドメイン(www.domain.com)にインストールを行っているため、moveコマンドを使用して、すべてのファイルを/ public_html directorの直下に移動します。

もう一度ファイルマネージャーを使用して/ public_html / WordPressを参照し、すべてのファイルを選択して上部にある[移動]をクリックし、すべてのファイルをpublic_htmlに移動します。

WordPress wp-configファイルの編集:

次のステップは、wp-configファイルにデータベース情報を入力することです。 wp-config-sample.phpのコピーを作成して、名前をwp-config.phpに変更できます。次に、wp-config.phpを選択し、編集をクリックします。

wp-config WordPressの編集
このファイルには、変更が必要なものがいくつかあります。

// ** MySQL設定-この情報はWebホストから取得できます** //
/ ** WordPressのデータベースの名前* /
define( ‘DB_NAME’、 ‘database_name_here’);

/ ** MySQLデータベースのユーザー名* /
define( ‘DB_USER’、 ‘username_here’);

/ ** MySQLデータベースのパスワード* /
define( ‘DB_PASSWORD’、 ‘password_here’);

/ ** MySQLホスト名* /
define( ‘DB_HOST’、 ‘localhost’);
ここで、database_name_here、username_here、password_hereを、手順1で作成した詳細に置き換えます。

Db_hostは通常、Bluehost、Dreamhost、HostGatorなどのほとんどの共有ホスティングでLocalhostのままです。これらの詳細を追加したら、[変更を保存]をクリックします。

WordPress手動インストーラースクリプトの実行:

これまで、WordPressを手動でインストールするために必要なすべての基本設定を行いました。

あとは、WordPressインストールスクリプトを実行し、wp-adminにユーザーとパスワードを与え、基本的な設定を行うだけです。 WordPressブログを稼働させるために行う必要がある最後のことを次に示します。

次のURLにアクセスします。

http://domain.com/wp-admin/install.php
(domain.comを実際のドメイン名に置き換えてください)。

まず、WordPressインストールの言語を選択します。

インストール言語を選択
WordPress Manal Installatonの最後のステップ
次の画面で、WordPressインストールのユーザー名とパスワードを入力します。

ユーザー名としてadminを指定しないようにし、複雑なパスワードを使用してください。すべてを設定したら、次のリンクに移動して管理ダッシュボードにログインできます。 domain.comを実際のドメイン名に置き換えます。

http://domain.com/wp-admin

このガイドをFacebookやLinkedInのネットワークと共有することを忘れないでください!

 

Leave a Reply